乳幼児期にテレビを見せない子育てを実践して良かった事!

妊娠する前までは私自身はテレビが好きでよくテレビを見ていました。テレビのない生活というのは考えられないくらいごく普通にテレビをつける毎日でした。

しかし、妊娠してから子どもにとってテレビが悪影響になる場合があると知りました。そして我が家は長女5歳、次女3歳までテレビを見せない子育てを実践することにしました。

はな
今回はテレビを見せない子育てを実際にしてみて良かった事をご紹介します。

※2018年6月19日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の必要箇所も修正し2019年4月3日に再度公開しました。



なぜテレビを見せない子育てを始めたか?

妊娠や出産後に町の保健師さんからの乳児へのテレビの影響についてのお話しがありました。そして日本小児科医会の提言にも2歳まではなるべくテレビを見せない方がよいとされている事を知りました。

「子どもとメディア」の問題に対する提言

具体的提言
1. 2 歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう。
2. 授乳中、食事中のテレビ・ビデオの視聴は止めましょう。
3. すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。1 日 2 時間までを目安と考えます。テレビゲームは1日 30 分までを目安と考えます。
4. 子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パーソナルコンピューターを置かないようにしましょう。
5. 保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールをつくりましょう。出典元:日本小児科医会HPより

私自身は出産まではテレビを見る生活に慣れすぎていて、つい暇になるとテレビをつけていたように思います。出産してからテレビの長時間視聴を控えようと思っても、ついついテレビをつけてしまうんじゃないかという事が心配でした。

そこで出産前に夫とも話し、子どもが生まれたら、子どものいる時にはテレビをつけないようにしよう!と決めました。最初は日本小児科医会の提言にもあるように、2歳までは見せないようにしよう!と思っていたように記憶しています。

テレビを見せない生活はどんな生活?

長女が生まれてからはテレビを見る余裕などなく子育てがスタートしたので、私自身がテレビを見れなくてストレスが溜まるというのは正直ありませんでした。どのお母さんもそうかもしれませんね。

2~3時間おきの授乳で、赤ちゃんが寝たらテレビよりもまずは睡眠とりたい!となりますよね。出産してしばらくは子どもが起きていても、いつ泣き出すか分からないとなれば、テレビをつけてゆっくり見ようという気にはならなかったです。

うちは赤ちゃんの頃から絵本の読み聞かせを行ってきたので、日中は長女と2人でいる時も時間がある時には絵本の読み聞かせをしていました!

絵本読み聞かせ!赤ちゃん(0歳)から始めた我が家の方法と効果とは?!

2019.10.23

子どもがいる時にはテレビをつけないというのも、意外とストレスなく自然と行えていたように思います。そしてテレビつつけない代わりに、我が家ではよく音楽をかけるようにしていました。童謡からクラッシク、よくモーツアルトをかけていました。

家事をしている時にはどうやって待つの?

赤ちゃんの頃にはなるべくテレビを見せないようにしているというママは少なくないと思うのですが、1歳、2歳くらいになってくると、家事をしている時にぐずったり、ママから離れない時にテレビやスマホをつい見せてしまうというお母さんもいると思います。

私も仲の良いママ友にテレビを見せない子育てをしているというと、じゃあ家事はどうやってやるの?と聞かれる事がありました。

長女に関しては1歳くらいになると1人遊びをする時間も出来てきたので、様子を見て、今家事が出来そうだなという時にご飯の下ごしらえをするようにしていました。確かに少し静かに待っていて欲しいなと思う時も、何度もあったと思います。でも、そういう時にテレビを見せるというのはしたくないなと思っていました。

なぜなら、子どもを静かにさせるためにテレビを見せるという事をすると、これからまたぐずった時に、テレビを見せて見せてとなるのが嫌だったからです。

教育テレビやDVDを見せるのは?

子どもを静かにさせるためにテレビを見せるのではなく、教育テレビや幼児教育用のDVDを子どものためになるからというので見せるという方は多くいると思います。

我が家ではどうしていたかというと、そういった教育テレビやDVDも見せる事はしていませんでした。実際、教育テレビや幼児教育用のDVDはとてもよく出来ていて、為になるものも多いです。

時間を決めてならというので見せている人もいると思いますが、なかなか1~3歳くらいの子が時間を守ってテレビを見るというのは難しい気がします。

テレビやゲームというのは、もっと見たい、もっとやりたい!となるのがどうしてもあるからです。テレビを見る時間を30分と決めて、子どもが「分かった」と言っても、テレビを見ている30分というのは本当にあっという間に過ぎます。

子どもには時間感覚はないので、「まだ見る!もう1回見る!」となるのは自然のような気がします。うちではテレビの長時間視聴を避けるという意味から、そういった教育テレビやDVDも最初から見せていませんでした。

その頃は通信教育のこどもチャレンジをしていたので、DVD教材がついていたのですが、我が家ではそのDVD教材は使っていませんでした。

5歳までテレビを見せない子育てをしてみてよかった事

1.絵本が大好きになってくれた

テレビを見せないかわりに、絵本はたくさん読みました!

よく3歳までに絵本を1万冊読んだらよいと聞きますが、正確に数は数えていませんが、我が家ではおそらく1万冊は読んでいると思います。

2.発想力、想像力が豊かになってくれた

テレビを見ている時間は一方的に情報を得るだけですが、テレビを見ないと自分から何かアイディアを考えて遊ぶ事をしていきます。長女が2歳の頃、よく私の行動を見ていて、私が料理を始めるとままごとを一緒に始めたり、次女が生まれてからはオムツを変える時にはそのまねをしたりしていました。

それも色々なものをその道具に見立てるのがとても上手で発想がいい!と何度も思ったのを覚えています。そして想像力を膨らませ、お姫様のマネをしたり、役になりきって自分の世界に入って遊ぶのも好きそうでした!

3.テレビを見ないことでぐずるという事がない

最初からテレビを見せてないので、もちろんテレビが見たい見たい!とぐずる事もありません。

スマホのユーチューブを見ている子が、お母さんにスマホを取り上げられると大泣きしている子をたまに見かけます。そしてまたスマホを渡すと静かにゲームかユーチューブを見ているという光景を見て、やはり子ども自身で制限をかけてそういったものを使うのは難しいと感じました。

そういったやりとりで、子どもがぐずる、親も怒るというのはどっちにとってもよくない事のように思えます。

4.時間を有効に使える

テレビを見ていると本当にあっという間に時間が過ぎるのですが、テレビのない生活をしていると時間はたくさんあって色々な事ができます。子どもたちが幼稚園の頃はお絵かきをしたり、ブロックで遊んだり、ままごとをしたり、色々な遊びを考えてしていたように思います。

そして現在は全くテレビを見ないというわけではないのですが、そのおかげでか時間を有効に使えるようになったと思っています。

なぜ5歳までだったのか?

最初は2歳まではと思っていたのが始まりだと思いますが、長女が2歳になった時に次女も生まれ、そうすると次女が2歳になるまではとなると、長女も一緒に見ないという生活になったからです。

そして4歳になっても、その習慣を変える必要はないのかなと感じていたので、そのままテレビを見せない生活を続けていました。

幼稚園に入ってからは女の子は「プリキュア」で盛り上がります。うちの娘は見てないから話しについていけるのかなと思いましたが、お友達から話しを聞くのをすべて覚えて、名前も全部覚えていました。

プリキュアのテレビがあるというのを知らなかったので、プリキュアのテレビを見たいというのはなかったのですが、長女が5歳の年中の秋、プリキュアの映画があったので、それを見に行くことにしました。

娘は大きなスクリーンに映る映像にとても感動していました。その頃から少しずつ、映画に連れて行くようになりました。

しかしまだ家でのテレビは見せていなく、映画という非日常の中で映像は見るという感じでした!



テレビを見せるようになったきっかけ

テレビを見せるようになったきっかけは、長女が5歳、次女が3歳から英語を習い始め、英語を覚えるのに子ども向けのアニメを英語で見るのが良いと聞いたからです。音声を英語で聞き、自然と英語の会話が耳に入ってくるのはいいなと思いました。長女も5歳になっている事からそろそろ時間を決めてテレビを見せる事も出来るのではないかという時期でもありました。

しかしテレビを長時間見るという事だけは避けたかったので、タイマーで30分と決め、時間を測ってテレビを見せる事にしました。

子どもたちもテレビを見るのは楽しそうですが、長女は5歳になっていたので時間を決めてというのもすんなりと守ってくれていました。次女は3歳だったので、やはりまだもっと見たい!という時もありましたが、タイマーを上手く活用し、見せるようにしました。

現在は見たいテレビを選んで見るようにしていますが、見る時は1日30分までと一応決めています。今は話しをすれば理解がきちんとできる年齢なので、テレビを見る時間は守ってくれます。もちろん休みの日などに映画のDVDを見たいという時などは、もう少し長い時間見たいという時もあります。そういった時は時間を話し合って決める事も出来ます。そして祖父母の家に行ったときは特別にという感じであまり制限はかけていません。

テレビを見せない子育てには賛否両論もあると思いますが、私自身はテレビを見せない子育てをしてみてよかったです。なぜなら、テレビに頼るのではなく乳幼児期に子どもとの時間をしっかりかかわれた事は私にとっては大変貴重な時間でした。また夜更かしの原因になる事もなく規則正しい生活リズムで過ごす事も出来ました。

これから子育てをするにあたってテレビを見せない子育てをしてみようかなと考えている方の参考になればと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください