久々の海外旅行!国際線の預け荷物(スーツケース)、サイズは航空会社によって違う?

2019年4月に家族でグアム旅行へ行きました。小学生4年生と小学2年生の2人の娘は初めての海外旅行です。夫とは10年前にハワイに行って以来の海外旅行となりました。その際に使用したスーツケースがあったので、今回もそのスーツケースを使用するつもりでいました。

しかし旅行1週間前になってスーツケースのサイズが利用する航空会社の規格サイズを超えている事が判明したのです!
そこで急きょ新しいスーツケースを購入して旅行に行く事とになりました。

はな
そこで今回は我が家が海外旅行直前にスーツケースのサイズが航空会社の規定を超えている事が判明し、新たにスーツケースを購入した事を書きたいと思います。




10年前の海外旅行はJALを利用

10年前に夫とハワイに2度行った際にはJALを利用しました。その時に使用したスーツケースは夫が独身時代から持っていたものです。夫は独身時代にもアメリカに旅行に行っておりその際は別の航空会社を利用しています。

かなり年季が入った感じのスーツケースではあります。

ハワイに行った際にはスーツケースの大きさなどあまり気にせず飛行機に乗っていたように思います。また私自身も学生時代に留学へ行った際には夫より大きなスーツケースで行ったと記憶しています。(学生時代なので20年近く前になりますが・・・)

今回はユナイテッド航空を利用

今回のグアム旅行はユナイテッド航空を利用しました。以前使ったスーツケースを自宅の倉庫から出してきて、荷物の準備を始めました。正直以前も海外旅行で使用した事のあるスーツケースだったので、ちょっと古いけどこのスーツケースで問題ないとの思い込みで準備を進めていたのです。

しかし旅行まで1週間前となった頃に、夫が念のためにスーツケースのサイズを航空会社のHPで調べていると、「え?スーツケースのサイズがオーバーしているかも」と言うのです。
荷物はだいたいスーツケースに詰め終わっていた頃になって判明した事で2人とも困惑しました。

そして夫がユナイテッド航空に電話で問い合わせをしてくれたところ、ユナイテッド航空の預かり荷物のサイズは3辺の和が158㎝以下、23kg以内でなければいけない事が判明しました!(エコノミークラスの場合)

しかしオーバーしていると言っても、ほんのわずかです。夫とこれくらいならいいのかなぁと言いながらも、でも飛行機に乗せられなかったらどうする?となりました。また超過金についても聞いてみると2万円くらいかかる場合があると言うのです。そんなに超過金がかかるなら、新しいスーツケース買えるんじゃない?と思いました。

スーツケースの買い替え

旅行まで1週間前ではありましたが、急きょ新しいスーツケースを買いに行く事にしました。

スーツケース売り場に行って感じたのが、3辺の和が157㎝というのが最大のスーツケースのサイズとして売られている印象でした。もっと大きいスーツケースも売っているのかと思ったのですが、見に行ったお店には157㎝より大きいものは置いてありませんでした。

今はこのサイズが主に最大な大きさとして売られているのかなぁという印象でした。(スーツケースの専門店に行けば、158㎝以上の大きなスーツケースも多く置いているのかもしれませんが)

我が家が購入したスーツケースがこちらです。価格は2万円ほどしました。

SPALDING(スポルディング)のスーツケースです。

重量:5.4kg、容量は約94リットルです。持った感覚も今のスーツケースは軽いなぁという印象でした。家族4人分の荷物という事で、同じスーツケースを2つ購入しました。4人分の荷物であれば十分余裕がある感じですが、重さ制限もあるために荷物の詰め込み過ぎには注意が必要です。

ちなみに元々持っていたスーツケースと比べた写真がこちらです。

ほんのわずかしか変わらないように思います。しかし荷物を預ける時にこのわずかな差で、もし追加金をとられたらと考えながら旅行に出発するよりは購入しておこうとなりました。

航空会社によって受託手荷物無料サイズは違う!

大型スーツケースは航空会社によって受託手荷物の無料サイズが違うので注意が必要だと今回分かりました。これから海外旅行に行くという方や、海外旅行に何年かぶりに行くといった方は、事前に利用する航空会社のHP等で詳細を確認する事をお勧めします。

JAL

出典元:JAL HPより

JALの場合は3辺の和が203㎝以内(※2019年4月の情報)

ANA

出典元:ANA HPより

ANAは3辺の和が158㎝以内(※2019年4月の情報)

ユナイテッド航空

出典元:ユナイテッド航空 HPより

そして今回我が家が利用したユナイテッド航空は3辺の和が158㎝以内でした!重量についてはエコノミーかビジネスかなどによって異なります。エコノミーの場合は23kg以内でした。(※2019年4月の情報)

正直ちょっとくらいのサイズオーバーなら大目に見てくれたりしないのかなぁという気持ちでいたのですが、私たちの横でスーツケースの重量が超えているから荷物の預かりが出来ないと言われている方がいました。

まとめ

今回、私たちは以前使ったスーツケースだから使えるという思い込みからサイズ制限については気にとめていませんでした。1週間前ではありますが、気づく事が出来たので超過金を払う事なく旅行に行く事は出来ました。

海外旅行に頻繁に行くと言った方には航空会社によって受託荷物のサイズが違うという事も当然の事かもしれません。しかし、我が家のように久々に海外旅行に行くと言った方や初めて海外旅行に行くと言った方にとっては、航空会社によって受託荷物のサイズが違うという事を知らない方もいるかもしれません。

海外旅行に行く前にはぜひ航空会社の受託荷物のサイズや重量、個数などについて調べていく事をお勧めします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください